夜勤専従助産師の求人 - 夜勤のメリット&職場探しの注意点

助産師 求人 → 助産師の求人│夜勤専従助産師として働く

助産師の求人│夜勤専従助産師として働く

助産師が活躍できる職場はとても多いですが、代表的なのが病院です。出産を扱う病院では、24時間体制で妊婦さんのケアを行うことになります。そのため、夜勤も行わなければなりません。
http://www.livablecommunitiescoalition.org/

赤ちゃんは、いつどの時間に生まれてくるか分かりません。早朝に生まれることもあれば、真夜中に生まれることもありますよね。急な母体の体調変化なども十分に考えられるので、いつでも状況の変化や急な出産に耐えられるよう、夜勤スタッフも重要な意味を持っています。

ただ、昼も夜も働くとなると体調を崩しやすくなってしまうのは当然のことです。そこで、夜勤専従助産師として働くことを考えてみてはどうでしょうか。夜勤に働き方が固定されるわけなので、交代制で働くのに比べて体調管理もしやすいです。

昼夜逆転のような働き方になってしまいますが、夜勤専従助産師には大きな魅力があります。それは、収入が非常に高いということです。助産師の収入はただでさえ高いのですが、夜勤をした場合の収入は1回で4万円前後と言われています。3回も夜勤をすれば軽く10万円を超える計算になりますね。

ただ、収入の高さに魅力を感じて夜勤専従を選んだという人の中には、仕事の忙しさについていくことができず、辞めてしまったという人もいます。絶対的に助産師の数が足りていない職場で働く場合、助産師1人あたりの業務内容というのは過酷になってしまいます。

特に夜間は最低限の人員で運営しているところも多いため、昼間よりも忙しくなるのは間違いありません。収入だけを比較するのではなく、夜間専従助産師として働く場合の過酷さも理解したうえで求人情報を比較するようにしましょう。

また、忙しければ必ず報酬も高いとは限りません。助産師が全く足りていない職場では、激務でありながら1回あたりの夜勤収入が3万円を切るようなところもあるので、求人に応募する前に検討している職場の情報を集めるようにしたほうがいいですね。

看護師の志望動機の書き方

助産師の仕事に転職をしたり就職をする際には履歴書を書く必要があるわけですが、志望動機として何を書けばいいのか悩んでしまうという人もたくさんいるようです。

助産師の仕事は就職率も高く、仕事を見つけるのにはそれほど苦労をしません。ですが、好条件の職場に応募する場合、どうしても競争率が高くなってしまいます。そこで志望動機の欄に適当な理由が書かれていれば、不利になってしまうのは当然のことです。

誰でも助産師を目指す際には、この仕事を目指した理由があるはずです。それを面接の際にしっかり伝えられるようにしなければなりません。採用する企業側としても、信頼できるやる気のある人を採用したいと思っているのは間違いないでしょう。だからといって、ただ「やる気があります」と言ったとしてもうまく伝わりません。

また、志望動機について考える際には、「なぜ助産師の仕事を選んだのか」ということではなく、「なぜこの医療機関を選択したのか」ということを明確にする必要があります。

もちろん、これも人によって理由が違うはずです。どの点を履歴書の志望動機として取り上げるか迷った場合は、その医療機関の情報を調べることから始めてみてはどうでしょうか。

今はホームページなどで情報を公開している医療機関が増えてきていますが、そこに掲載されている情報の中には自分の志望動機に繋がる情報が掲載されている可能性が高いです。

その病院が力を入れていることに対して魅力を感じた、取り組んでいる仕事内容に魅力を感じた、職場環境が良かったなど、具体的な内容を考えましょう。それから、志望動機を書く際には、自分がその医療機関でどのような役割を果たすことができるのか、どのように役立つことができるのかもアピールしておくことが大切です。

どうしても内容が思い浮かばない場合は、転職情報サイトの力を借りるのもいいですね。コンサルタントに相談をしたり、履歴書の書き方をチェックして面接に臨みましょう。

助産師のニーズがあるのに対応ができていない問題   公務員として働く助産師

ボランティアとして活躍する助産師